ダニに刺されたら肌が汚くなりました

私はベッドで寝ているのですが、2年ほど前に急激にダニがわいてしまって、眠っている時には長袖のTシャツだけで寝るので、パジャマパンツを履いて寝ないので、脚をダニに刺されてすごいことになってしまいました。

物凄く痒くて、蚊に刺された時とは全然違って、掻いた後が黒くなって、脚のあちこちに水玉模様のようにダニ刺されの跡ができてしまって、脚が出る服を着れなくなってしまったことがあります。

刺された場所は太ももから足首の間がとても多くて、両足が同時に刺されて、痒くて仕方がなく、友達に相談したら、友達がダニマットをプレゼントしてくれるということで、ダニ取りマットを送ってくれました。それでベッドのマットレスの間にそのダニ取りマットを挟んで寝るようにしたら、なんとなくそれ以上刺されることはなくなってきました。

ダニに刺されるとものすごいかゆみがあって、跡が残るので今ぐらいの時期は特に注意しなければなりません。

私はダニに刺された箇所の跡を数えたら、片脚だけで40箇所くらい刺されていたので本当にびっくりしました。それまでダニに刺されことがなかったので、最初は何が原因なのだろう?と思っていましたが、友達に話したらそれはダニのせいよ、と言われました。

ダニは布団や枕にいるということで、私はテレビショッピングで見た、布団クリーナーを買うことにしました。それが届いたら、さっそくその布団クリーナーでマットレスを掃除したのですが、びっくりするくらい白い粉が取れてフィルターがびっしり詰まったような状態になり、それが全部、ダニの死骸やダニなのだろうと思ったらゾッとしました。

今年もダニの季節がやってきて、ダニ取りパッドは使っていませんが、抗ダニ効果がある寝具を使うようにしたり、布団クリーナーでマットレスや布団をきれいにしたりしてもう二度とあんな風に汚ない脚にならないように気をつけています。

それでもやっぱりダニはいるようで、お尻まで刺されてしまって、とっても裸になるのが嫌になるような感じなのです。ダニに刺されると跡が残るので、ショートパンツを履いたりするときには、とっても恥ずかしいことになるので、ロングパンツやロングスカートしか着ることができないのです。

痒くてかゆみ止めを塗るのですが、吸い口があるので、凄くしみて痛いのです。でも、一瞬痛くてもそのあとは痛みが治まるのでやはりかゆみ止めを使うことが一番だと思いますし、効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする