卵巣嚢腫の発見と治療に至るまでの経緯

昔から生理が重い体質で、ひどい時には貧血になるほどの出血量でした。そのため少しくらい出血量が違っても普段はあまり気にしないのですが、生理はとっくに終わっているにも関わらず出血する不正出血が1ヶ月ほど続き、迷った末に婦人科を受診しました。28歳の時です。

CTやMRIなどで検査した結果、卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞)という診断。しかも左側がかなり大きいため、早めに治療を受けたほうがいいと言われました。治療薬としてピルを処方されたので数ヶ月飲んで過ごしましたが、その後の再検査で嚢腫が大きくなっていたため即手術を薦められました。その病院には手術設備がないため別の病院に紹介状を書いてもらいました。片側だけだし命に関わるものでも、子供が産めなくなるものでもないと言われましたが、やはりかなり動揺した記憶があります。ただピルのおかげか、不正出血はなくなり生理も軽くなりました。

実家に近い大きな病院に紹介状を持って母と受診し、専門医に再度診断を受けたところ「これくらないならそんなに急いで治療も手術も必要ない。むしろ取っても再発の可能性がある」との診断でした。最初の病院で「卵巣嚢腫は破裂の可能性もあるのですぐにでも」と言われていたので混乱し、その旨を告げましたがやはり心配ないとのことでした。不安なら手術を受けてもいいですよ、とのんびりした口調で言われ、ますます困惑しました。

母と相談して、もう一回病院を変えて別の先生の意見を聞こうということになり、別の大きな病院で診てもらいました。今までの経緯を全て説明して検査を受けたところ、こちらでも「不安なら手術をすることも出来ますよ、程度の緊急度」とのことでした。どうしていいのかわからず困りましたが、母と再び相談し、不安なので手術で取ってもらうことにしました。

ただし卵巣嚢腫はかなり手術の依頼が多いようで、手術をうけるのは半年先とのことでした。予約を入れて半年過ごし、5日ほどの入院であっと言う間に治療が完了しました。待っている間に生理が重くなったりすることもなく、予後も順調で、初めて診断された時に感じた不安はなんだったのか……と言う気分になりました。手術自体も腹腔鏡手術で簡単なものだっだそうで、私が焦っていたのと裏腹に、手術した医師もニコニコしていました。

経済的にも余裕がなかったので手術せずにいることも出来たのかもしれませんが、やはり取ってしまって安心した部分が大きく、取ってよかったと思っています。相談に乗ってくれた母や診断・手術してくれた先生方に感謝したいです。ただ再発する可能性があるのがやっかいで、今も定期的に通院して検査を受けることにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする